AGA治療

【AGA治療】AGA治療をするにあたって【必読】

 

まっつん
まっつん

こんにちは、まっつんです。
今回は、AGA治療で使用しているものについて
書いていこうと思います。

 

 

まずはじめに

 

 

まずはじめに、

ぼくはぼく個人でAGA治療を行っています。

内容は正確であるよう努めていますが、

医師の専門知識ではなく、あくまで個人の体験等の内容です。

AGA治療の効果や副作用について、保証するものではありません。

当ブログの内容やぼくの意見は参考程度に止めていただき、

治療を行われる際は、すべて自己責任でお願いします。

 

AGA治療をするにあたって

 

 

AGA治療にあたってやはり、

科学的に証明されていること

が重要になります。

科学的に証明されている薄毛の改善効果のある医薬成分は、

  1. ミノキシジル
  2. フィナステリド

の2つです。

1.ミノキシジル

 

発毛効果のある超有名な医学成分です。

主な効果として、

があります。

 

毛母細胞の活発化

 

ミノキシジルは、毛母細胞(毛を作る細胞)が活発に分裂させる効果があります。

結果的に、その細胞が成長して太い毛が生えてきます。

ミノキシジルを摂り入れてから髪の毛が生えてくる速度が速くなるのは、

毛母細胞が活発に分裂しているためです。

 

血圧の低下

 

 

ミノキシジルは血圧の低下効果があります。

元々アップジョン社、 現Johnson&Johnson社 によって

高血圧の治療薬として開発されました。(絆創膏やコンタクトなど売ってる会社)

そのため、低血圧の方や心臓または腎臓に障害のある方で

服用するときには必ず医師薬剤師に相談してください。

 

2.フィナステリド

 

フィナステリドはミノキシジル同様医学成分です。

フィナステリドにはテストステロン

ジヒドロテストステロン変化するのを妨げる働きがあります。

男性ホルモンに含まれているテストステロンが、

5αリダクターゼという酵素と結合すること

ジヒドロテストステロンが生成されます。

このジヒドロテストステロンが

毛母細胞という髪を作る細胞の働きを妨害して、

髪が抜け落ちてしまいます。

 

ただ、フィナステリドは発毛効果ではなく、

髪が抜け落ちる働きを妨げる効果があります。

 

 

性欲減退

 

フィナステリドには副作用があり、

性欲減退が起こる人が稀にいます。

ぼくはすごく性欲減退を実感しました。。

ただ、男性ホルモンに直接働きかけるわけではないので、

男性機能に影響はないそうです。

臨床試験での副作用報告によると、

フィナステリド成分がはいってない薬を使用しても

性欲減退したという人がいたそうで、

思い込みで性欲減退したのではないかと言われています。

気にするなってことですね。

 

 

まとめ

ミノキシジル=毛を生やす

フィナステリド=毛が抜けることを防ぐ

 

この2つを取り入れたものをぼくはAGA治療として使用しています。

 

現在使用しているもの

 

 

過去使用していたもの

 

  • BOSTON
  • ポラリスNR-09
  • マルチビタミン

 

伝えたいこと

 

 

治療に使わなくなったものや使っていなかったもの、

最新の治療方法など改めて見直さなければならないなと感じました。

 

僕が一番伝えたいこと、

それは、

とにかく続けること。

 

続かなければ意味がないんです。 (今自分に言いきかせてます笑

自分のペースでいいから何事も続けることが大切です。

その中でいろんなことを体験し、「学び」があるはずです。

僕もいろんなことを続けていたらもっと効果があったかもしれません。。

また、毛根が完全に死んでしまってからでは毛が生えてきません。

AGA治療を考えている人はまずはクリニックに相談に行ってみてはどうでしょうか。

 

まっつん
まっつん

AGA治療をはじめ、
悩みを解決しようとすることは
素晴らしいことだと思います。
自分が満足できればそれでいい!
楽しく笑顔で過ごせる、
そんな人生を歩んでいきましょう!!
ではまたっ!

 

 

【AGA治療】AGA治療について【薄毛改善】   AGAってなに? AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、 日本語に訳すと「男性...
【AGA治療】現在使用しているもの【体験】現在使用しているもの これだけは覚えて帰ってほしい AGA治療において、 ミノキシジル フィナステリド ...